読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余ったHDDの使い道—Storj

 

PC使っていると一つや二つは余るであろうHDD。その空き容量を他人に貸出できるサービスがあるそうで

Storj

storj.io

(非公式日本語ページ)

storj.jp

必要なもの

パソコン(Raspberry Pi 2 Model Bレベルでもいける)

HDD(なんでも)

cpアドレス(Counterparty Wallets | Counterpartyで財布作る)

やり方

Windowsの場合(GUI)

めちゃくちゃ簡単。

  1. Storj Share - Rent Your Driveからダウンロード
  2. exe開いてセットアップ
  3.  f:id:mogamin:20170212013917p:plain

     

  4. アドレス、場所、容量指定してスタート押す
  5. 待つ

ね、簡単でしょう?

Linuxの場合

64bitならGUIがある。32bitならCUI。自分は32bitなのでCUI。まあまあ簡単。

  1. これの通りにセットアップ

つまずきそうなところ
npm install --global --build-from-source storjshare-daemon

する前に

npm update

しておく。しないと色々警告が出る。

CUIの使い方
storjshare create --sjcx 自分のcpアドレス --storage 貸し出す場所のパス --size 最大サイズ

すると設定ファイルが開かれるので確認して閉じる(多分Ctrl+X)

そして

storjshare start --config hogehoge

みたいなのが表示されるのでエイリアスでも設定しとく。

状態表示は

storjshare status 

で。

MacOSの場合

64bitならGUI、32bitならCUI

どれくらい報酬もらえんの

記録取ってないけど320GBのHDDを一日8時間ぐらい稼働で500円/月くらい。報酬はSJCXで月に一度(くらい)cpアドレスに払い出される。だから暴落も暴騰もありうる。

driveshare.jp

に計算機がある。

他の使い道

なんかboostとか言うのもあるらしい。面倒くさそうなのでパス。

f:id:mogamin:20170212021255p:plain

もがみんかわいい

あ、ちなみに貸りるのも出来て、15$/一月ぐらいっぽい。多分SJCX買うんじゃないかな。